カツラをやめるベストタイミングはいつ?

かつら・ウィッグ
この記事は約6分で読めます。

カツラは使い続けていると、それが当たり前になるので壊れかければ新しいカツラを買い、また使って・・と日々を繰り返していますよね。

でも、あなたは生涯カツラを着け続けるでしょうか?

これは遠い未来のことだとしても考えておきましょう。

いつかやってくるであろう卒業のタイミング。

カツラは着け始める時にかなり勇気と決断力を必要とします。

しかし、それ以上に外す・やめる時の方が勇気も決断力も必要となることが多いことは覚えておきましょう。

この記事を読むことでカツラをやめるタイミングの最も低リスクで勇気がいらない一瞬がいつなのかが学べます。

カツラをやめるタイミングは定年時という意見が最多

カツラをやめる=外してしまえば、カツラを着けていた頃の自分に戻ることはもうできません。

ここでやめる!と一度は決めた時期があるなら、あまりブラさない方がいいでしょう。

でも、生涯着け続けるなら良いと思います。

前持って何年も前からカツラを外す時を考えておく・計画立てておくべきです。

ちなみに、カツラを始めたのが例え何歳であったとしてもカツラを外すことの目安に選ばれる時期の1番は定年退職のタイミングです。

他にも生活環境が変わる転職や職場異動のタイミングも、候補には上がるものの実際に「カツラを外す」とはいきません。

カツラを外す時に問題になりうること

  • 仕事以外の交友関係で頻繁に会う人がいる場合
  • 周囲にカツラ使用を公言していない場合
  • 「カツラを外す=丸坊主」これはやりたくない場合

昨日会った人に今日も会うかもしれないという状況で「昨日は髪があって」、「今日は丸坊主」。

それは恥ずかしい!それは出来ない!

これが出来ないがために同じ人と頻繁に会うことが減る定年までカツラとの付き合いは継続することが多いのが現状です。

カツラをやめる前にやっておきたい【 減毛 】

カツラを外すのにいきなり外すのはちょっと・・と思う人がほとんどです。

想像してみて下さい。

  • カツラを着け始めた時はいきなりカツラを着けたでしょうか?
  • 一気に髪の毛が増えることに抵抗がなかったですか?

どの時代でも、カツラを初めて着けようと思ってる半分くらいの方が一気に増える毛量に抵抗を訴えます。

毛量を増やす時には少しずつ毛量を増やす提案が喜ばれます。

そして1〜2年かけて、最終的なゴールの毛量まで増やす。

1番多いパターンです。

カツラを外すときはこれの逆。少しずつ減毛したように見せていくのがベストです。

それでは、その少しずつ減毛させていき、最終的にカツラを外せる2パターンを紹介いたします。

極薄のカツラで段階減毛を完成させる。

最高レベルの自然さを武器としているカツラを最後のカツラとして選ぶことです。

僕の経験上、【 生え際 】【 旋毛 】【 自毛とカツラの結合部 】この3点が自然さを極める3点。

カツラ自体がティッシュペーパーほどの薄さの物を選べば、頭皮が透けるほど毛量を少なく作っても地肌感が再現出来ており、物感がないので自然に減毛することが期待出来ます。

カツラを外す最後の1台は極薄仕様で綺麗に卒業まで1本道にしましょう。

極薄のカツラは乾くのも早く、お手入れも簡単。何より軽い。いいことだらけです。

段階減毛しながら、気に入ってしまうかもしれないです。

カツラ下の自毛を増やして段階減毛を完成させる。

カツラを外した状態のあなたの地毛が細くても残っているのなら増毛という手段も取れますね。

カツラを外して、ありのままの姿で生活を続けていくことはできるけど・・

  • やっぱり近所の目線が気になる・・
  • 噂されたりするんじゃないのか・・

この方向に進むのであれば、カツラを使用中の段階からカツラ下の自毛を強く・太く・増やす準備をすることはとっても大事!

最新のAGA治療なら【メンズサポートクリニック】

カツラはカツラ屋ですが、AGAは病院になるのでドクターが相談に乗ってくれます。

AGAの歴史も積み重ね続け、安全ながら実績も高まってきています。

月々¥4,200円〜で始めることができることと、発毛率が驚異の92%!という結果を出しているとのことで、初回相談は無料!

少しだけ自毛を増やしておきたい人は相談してみるのもアリでしょう。

地毛がいくらか増えたところでカツラを外せば、段階減毛は完成しますね!

カツラをやめるタイミングは家族に相談しておこう

カツラを使い続けるためには家族の理解や支援が必要な場合もあります。

  • 仕事をしていく上で自身の印象UPのためにカツラが必要。
  • カツラは質により価格がピンキリ。高額な物では100万円近い物もあります。
  • 1度買えば一生使える物ではなく、消耗品という理解。定期的に掛かる費用。
  • 毎月のメンテナンスに裂かれる時間。

考えればいくらでも家族の理解を必要とする理由はあります。

私の経験上、【 奥様 】が決定権を持っている場合は割と大変。

奥様はご自身のことではないし、「カツラが家計的に必要」という認識を持ってくれることがありません。

  • あなたがやりたいならやれば?
  • 2年使える商品っていうなら頑張って3年は使ってね。
  • お小遣いの中でやってね。
  • 着けなくたっていいじゃない。

男と女ってやっぱり違う生き物なんだな、と勉強させてもらっています。

でも。

そんな風に思っていながらも続けさせてくれた家族への感謝は絶対にすべきでしょうし、奥様はカツラを外すことを喜ばれる方が多いのかなと思っています。

そして、家族へカツラを外すという相談・報告をすることで1番大きな効果は自分の中で覚悟が決まること。

覚悟を決めることって本当に大切。

カツラをやめた先の未来を想像しよう

正直な話、カツラを外したら自由が爆発します。

  • 毎日の面倒な髪型への気遣いが無くなる。
  • お金の余裕ができる。
  • 家族と過ごせる時間、もしくは自分の時間が増える。
  • スケジュールが空くので遠出の旅行にも行けるようになる。

とにかく開放感が半端ではないはずです。

僕は仕事上、カツラを外し、髪の毛を全部剃って丸坊主にさせていただくところまではします。

カツラを外された方にお会いすることはその後なかなか無いですが、カツラを外すその【 男の潔さ 】をやり遂げたお顔はどの方も皆さん、晴々していました。

カツラを外したあとは、堂々とやりたいことを全力でやりましょ。

なんでも出来ます。

  • 海に行って
  • プールに行って
  • 温泉に行って

最高の未来を想像してみましょうね!

必ずあります、カツラ生活の素敵なゴールのベストタイミング。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました