MENU

ミーゼスカルプリフトと電気バリブラシはどっちがいい?徹底比較!

この記事を読むと「ミーゼスカルプリフトと電気バリブラシがどっちがいいかなぁ。」迷ってる方が「こっちを買おう!」と決められるようになります。

虎雄

筆者は美容師を8年経験後、現在は大手ウィッグメーカーに10年勤める美容一筋の美容マンです。

結論から言うと、ミーゼスカルプリフトがお勧めです。

目次

ミーゼスカルプリフトと電気バリブラシを7つの項目で違いを比較。

それぞれの部門でどっちがいいか、表を見ながら違いを比較していきましょう。

ミーゼスカルプリフトアクティブ
★参考価格¥49,500円(税込)
サイズ約W54×D56×H180mm
重さ約125g
★強さ設定6段階
充電時間約180分
連続使用時間約30分
防水IPX5相当
低周波数(EMS7,000回/分
電極数ヘッド12本/フェイス22本
他機能マイクロカレント/バイブレーション
電気バリブラシ
★参考価格¥198,000円(税込)
サイズ約W40×D50×H180mm
重さ約155g
★強さ設定16段階
充電時間約90分
連続使用時間約300分
防水非対応
低周波数(EMS1,000回/秒(=60,000回/分
電極数32本
他機能無し

購入は保障がしっかりついてる公式ページから買うのが1番安心で、結果1番お得です!

それでは具体的に見ていきます。

コスパで選ぶなら『 ミーゼスカルプリフトアクティブ 』

ミーゼスカルプリフトアクティブ電気バリブラシ
価格¥49,500円¥198,000円

単純な価格設定でいうならミーゼスカルプリフトアクティブは電気バリブラシの4分の1で買えます。

じゃあ機能も4分の1になるのか・・というと全然そんなことはなく、逆にミーゼスカルプリフトアクティブにしかない機能を搭載していることもありコスパでいうなら圧勝です。

20万円近くする電気バリブラシのEMSは確かに優秀ですが、その最大の効果の特徴でもあるリフトアップはミーゼスカルプリフトアクティブでも感じることができるので価格差ほどの差が体感効果にはないと言い換えられる。

上記より、コスパで選ぶならミーゼスカルプリフトアクティブをオススメします。

圧倒的コスパで選ぶなら_スカルプリフトアクティブ

お風呂で使いたいなら『 ミーゼスカルプリフトアクティブ 』

ミーゼスカルプリフトアクティブ電気バリブラシ
防水IPX5相当非対応

お風呂に入りながら使いたい!という方はミーゼスカルプリフトアクティブ一択です。

防水機能(IPX5相当)を搭載しているので、濡れた手で・濡れた髪に使用しても全く問題ありません。

シャワーの水が本機にバシャーっと掛かってしまっても大丈夫!

お風呂の中に沈めてしまうのはNG。

電気バリブラシは防水機能は非搭載なので、水場での使用は不可。

大胆にガシガシ使って、ケアしたいならミーゼスカルプリフトアクティブをオススメします。

お風呂でガシガシ使いたいなら_スカルプリフトアクティブ

お手入れを簡単に済ませたいなら『 ミーゼスカリプリフトアクティブ 』

ミーゼスカルプリフトアクティブは電極がヘッド用とフェイス用に分かれており、アタッチメントとして本体に着脱して使い分けできることから使用後はアタッチメントのみを水洗いでジャブジャブ洗えるので衛生的にもバッチリ!

本体が濡れることお気にしなくていいので流水でガッツリ洗うだけだから洗浄も楽ちん。

電気バリブラシは防水機能もついていないことに加え、電極は本体から着脱できない仕様のためアルコール消毒などで拭き取るくらいしか衛生面を守ることが困難。

虎雄

直接デリケートな部分に触れる電極の衛星面は気にしましょう。

バイキンが付いていたら肌荒れ・炎症などの原因になることも想像できます。

お手入れが簡単だから毎日続けやすい」、ということにも繋がるのでミーゼスカルプリフトアクティブをオススメします。

毎日のお手入れが簡単なのはスカルプリフトアクティブ!

充電時間と使用時間のバランスで選ぶなら『 電気バリブラシ 』

ミーゼスカルプリフトアクティブ電気バリブラシ
充電時間約180分約90分
連続使用時間約30分約300分

充電時間の短さと連続使用できる体力は電気バリブラシの快勝です。圧倒的。

電気バリブラシは満タン充電にすれば300分使用できますが、ミーゼスカルプリフトアクティブは満タンでも30分で動かなくなります。

これは結構面倒かもしれませんね。

30分間使う為の充電時間は電気バリブラシが10分ミーゼスカルプリフトアクティブは60分。

ここも結構違います。

ですが、スカルプリフトはこう対処すればOK!

毎日使い終わったら、購入時点でついている充電機に挿仕込みタイプの充電器に立てればいいだけなので問題はなさそうです!

低周波数(EMS)で選ぶなら『 電気バリブラシ 』

ミーゼスカルプリフトアクティブ電気バリブラシ
低周波数(EMS7,000回/分1,000回/秒(=60,000回/分

EMSと言えば、電気バリブラシの真骨頂。

EMSは電気の振動で筋肉に刺激を与えることを言いますが、この数値が電気バリブラシはミーゼスカルプリフトアクティブに比較すると9倍ほどあります。

体感ではビリビリした刺激があり、この刺激により筋肉が引き締まることでリフトアップ効果がありますが電気バリブラシの方がミースカルプリフトアクティブより9倍リフトアップするか?というとそういうわけではありませんので注意。

電極数で選ぶなら『 電気バリブラシ 』

ミーゼスカルプリフトアクティブ電気バリブラシ
電極数ヘッド12本/フェイス22本32本

単純に電極数が多い方=効果を届ける足が多いということなので、同じ時間使った時の得られる効果は大きくなります。

電極数に比例して、効果範囲も大きく取れるのも大事なこと。

電気バリブラシは頭・顔兼用の仕様なので切替に気をつける必要なく全体使えるのが良いですね!

ミーゼスカルプリフトアクティブは頭・顔用が分かれていますがどちらも電気バリブラシの電極数には届きません。

代わりに丁寧にたくさん手を動かしましょう。

薄毛対策、ハゲ予防で使いたいなら『 電気バリブラシ 』

薄毛を気にされてる、または薄毛予防の方が選ぶなら電気バリブラシがオススメ。

ミーゼスカルプリフトアクティブよりも強いEMSと電極数の本数による頭髪のハリコシの改善が見込めることが最大の理由です。

薄毛の理由は千差万別、様々ありますが薄毛対策として使用するならEMSの強度一択、他の予備機能は不要。

薄毛に必要なEMSを搭載しているのは電気バリブラシだけ!

総合的に使用したいなら『 ミーゼスカルプリフトアクティブ 』

7項目で比較をしてきましたが、総合的にいうならミーゼスカルプリフトの方がオススメです。

代えが効く面もあり、圧倒的に電気バリブラシの方が優れている面もありましたが、1番大きいのはやっぱりコスパ。

金額差を考えると、ミーゼスカルプリフトアクティブの完敗・・を想像しそうだけど知れば知るほど全然そんなことはなかった。

虎雄

正直に言うと、20万円出してでも電気バリブラシの方がいいんじゃない?と筆者が思ったのは薄毛に悩む方だけ。

それ以外の方なら、ミーゼスカルプリフトアクティブで十分満足できますよ!!

ミーゼスカルプリフトアクティブと電気バリブラシはどっちがいいか比較のまとめ

ミーゼスカルプリフトアクティブと電気バリブラシの比較をしてみてどっちがいいかは決まりましたか?

復習を兼ねて、改めて一言でお伝えすならこうなります!

  • 電気バリブラシはサロンケア用のプロ仕様。
  • ミーゼスカルプリフトアクティブはホームケア用の最高級仕様。
虎雄

購入する際は、公式サイトからがオススメです!

返金保証や修理保証、購入特典などの待遇がしっかりしているから。

安いものではないし、安心できるところでお買い求めされることをオススメします。

ミーゼスカルプリフトアクティブは10月にスカルプリフトの進化版として発売された最新型!

最新型のパワーアップしたスカルプリフトアクティブ公式サイト

旧スカルプリフトよりも電気バリブラシとの差を縮め、まさに家庭用最強の美容器具になっています。

どんな季節でも肌のトラブルは起こるもの。

ミーゼスカルプリフトアクティブで肌トラブルが起こらない肌へ!

最後まで読んで下さり、有難う御座いました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる