シャンプーの洗い方でハゲ予防、カツラも同じやり方がベスト!

Q&A

こんにちは、虎雄です。

毎日するシャンプーの本当の!本当の!!正しいやり方を紹介します。

シャンプーの目的は汚れを落とすこと。

それは正しいです。GOODです。

ですが、ゴシゴシ洗うことは頭皮の汚れを取る一点では良いでしょう、でも頭の上には頭皮と共に髪の毛が共存しています。

このゴシゴシ洗いは髪の毛にとっては致命的に悪い。

ここで加わるシャンプーの真の目的は

汚れを落とす&髪の毛を健やかに育たせ守る。

テーマは「0テンション」→髪の毛を引っ張ることをしない。

今日からゴシゴシ洗いをやめて、髪の毛が心地いいと感じてくれる方法に変えましょう!

シャンプーの洗い方手順、髪の毛を守ってハゲ予防!

テーマは0テンションと紹介しました。

テンションの意味=緊張や気持ちなどの意味合いでも使われる言葉ですが、ここでの意味合いは張り・張力を指します。

一切髪の毛を引っ張らずに頭皮を綺麗にして、さらにはゴシゴシ洗いよりも毛穴の深い汚れを取れるようになります。

育毛剤を使われてる方は浸透力UPにも繋がりますので是非実践してください。

1. 38℃前後のお湯で1分以上しっかり髪の毛と頭皮を流します。

2. 泡立てネットをよく濡らします。

3. シャンプーを2プッシュして擦ります。CMで見るような泡が簡単に作れます。粒子が細かい泡なので毛穴の奥まで届きます♪

4. 出来た泡を頭の頭頂部に乗せましょう。優しく頭全体に馴染ませます。

5. 全体に泡が渡ったら、頭全体を根気よく手を添えたところだけモミモミ。場所を変えるときに頭皮から手を離し移すことを守りましょう!キチンと全頭を行うと5分ほどかかります。

6. 38℃前後のお湯でしっかり流しましょう。オイリー肌が気になる方、カツラを使ってる方は同じ工程をもう一度しましょう。

7. トリートメントを付けます。上質な栄養素で髪の毛に栄養を送ることはとても大切です。ついシャンプーだけで済ませがちですが髪の毛が痩せ細っていかないように毎日しましょう。

8. 38℃前後のお湯で流します。

9. タオルで髪の毛の水気を取りましょう。この時もタオルでポンポン軽く叩くようにして水気を取るようにして、擦るような動きはしません。

10. 濡れてる時間は短い方がいいので、すぐにドライヤーで髪を乾かしましょう。頭皮を乾かすように意識すると髪の毛の乾かしすぎを防ぐことが出来て◎です。

11. 完成!

ドライヤーは断然これがオススメです、乾かすだけで手触り・艶感がプロが仕上げたレベルで整います。秘密はナノイーとミネラル。

ドライヤーは消耗品ではないので、思い切って良いものを使うことを全力でオススメします。1回買えば壊れるまでずっと使える。

シャンプーの洗い方を正しくするメリット

今回紹介したシャンプーの洗い方を実践して頂くと何がいいか。

  • 汚れを落とす
  • 髪の毛が育ちやすい頭皮環境が整う
  • 育毛剤の浸透力が高まる
  • 夕方にはベタついていた頭・髪の毛がスッキリする
  • 頭皮脂臭の抑制
  • 薄毛が心配という方はメンタル的に対策を取っているという自信になりストレスの緩和になる

これだけメリットがあってデメリットは1つもありません!

強くて太い綺麗な髪の毛を目指して育てていきましょう!

シャンプーの洗い方に加えて、合わせて読んで欲しい。

シャンプーの洗い方でハゲ予防のまとめ

今までしてきたシャンプーの洗い方から気を付けるのは「擦らない・引っ張らない」ようにすること。

なのでモミモミ洗ってみると、なんだか洗った感じがしないなぁ、と思うと思います。

でも、それでいいんです。今までが髪の毛からしたら強すぎでした。

  • シャンプー剤の見直し
  • シャンプーの洗い方の見直し
  • ドライヤーの見直し

これらは全部髪の毛の負担になる、ということだけ分かってください。

マイナスになることを可能な限りマイナス方向に向けない為の内容です。

シャンプーやドライヤーは購入しなくてはいけないので、一旦保留にしても、洗い方は今お家にあるもので出来ますね!

是非、実践して下さいね♪

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました