MENU

【知らないとヤバイ】ジヒドロテストロンが多い人の特徴は?減らせるか徹底調査!

この記事では、薄毛の要因にされるジヒドロテストステロン(DHT)が多い人の特徴と、減らすことが出来るのかまとめています。

男性型脱毛症のAGAは、ジヒドロテストステロンの数値により危険度を表すことが一般的です。

ジヒドロテストステロンの数値が高くて思いがけず薄毛予備軍なんて言われたらショックですよね

でも、そのジヒドロテストステロンの高い数値が下げられるとしたら・・知っておかないと人生が180度変わってしまうかもしれません。

知らないとヤバイことになるかもしれないので、最後までチェックして下さいね。

\ ジヒドロテストステロン量を測るなら! /

目次

なぜジヒドロテストステロンが多いと薄毛リスクが高い?

まず、ジヒドロテストステロンが多いと、なぜ薄毛リスクが高くなるのか簡単にご説明しますね。

ジヒドロテストステロンは、元々はテストステロンという男性ホルモンに5αリダクターゼという酵素物質が合わさることによって生成される薄毛因子なんです。

そして、ジヒドロテストステロンが毛根深部まで入り込むと、髪の成長を止める信号を発信します。

すると、髪は成長することを止め、痩せ細りクタッとした弱々しい髪へと衰退していきます。

これが薄毛の始まりです。

ジヒドロテストステロンが多い人の特徴は2つ!

ジヒドロテストステロンが多いとされる人の特徴は、大きく2つありますのでご紹介しますね。

現状を知ることで、しばらくは放っておいてもいいのか・すぐに対策が必要なのかを決める材料にしましょう。

ジヒドロテストステロンが多い人の特徴①:生え際や頭頂部が薄い

ジヒドロテストステロンが多い人の特徴1つ目は、すでに生え際や頭頂部が薄くなり始めている人です。

生え際や頭頂部の薄毛は男性型脱毛症の特徴だから、患部がそこであればAGAを発症しています。

AGAの対策は早期発見早期対応が1番です。

すでにジヒドロテストステロンは多い可能性があるので、これより下には減らす方法などをまとめているので最後までチェックして下さいね、

ジヒドロテストステロンが多い人の特徴②:家族にAGAを発症されてる人がいる

ジヒドロテストステロンが多い人の特徴2つ目は、家族にAGA発症者がいる人です。

AGAは遺伝するとされています。

家族や先祖にAGA発症者がいた場合は高い確率であなたもジヒドロテストステロンを多く持っていると想像できますね。

今はまだ薄毛の心配はしていない場合であっても、専用検査キットで調べておくことをおすすめしますよ!

実際にAGA専門クリニックで使われてるDHT量検査キット「毛髪ホルモン量測定キット」は自分でも使用可能です!

誰にも会わずに、こっそりジヒドロテストステロン量を測れるのはコレだけですよ。

\ ¥5,980円! /

ジヒドロテストステロン量を減らす方法を4つ紹介!

ジヒドロテストステロン量は、将来の薄毛リスクの危険度に直結です。

しかし、ジヒドロテストステロン量を下げるには以下の4つの方法で減らすことが出来ますよ。

必ず4つともチェックして生活習慣の改善をしてくださいね!

ジヒドロテストステロンを減らす方法①:5αリダクターゼを増やさない食事

  • 発酵食品(納豆・キムチなど)
  • 亜鉛を多く含む食材(牡蠣・豚レバー)
  • 大豆類
  • 柑橘類の皮・ノコギリヤシ(サプリメント)

これらの食材は5αリダクターゼがテストステロンと結合するのを抑制すると言われています。

2つの物質が結合さえしなければ、ジヒドロテストステロンが生成されないので薄毛リスクを下げることができますね。

どれも身近な食材なので、意識して食べるように心がけると良いでしょう。

一度に多く食べるのではなく、少量でもいいので毎日食べることが大切ですよ。

大豆イソフラボンやノコギリヤシは、育毛剤やサプリメントでもよく配合されている成分ですよね!

ジヒドロテストステロンを減らす方法②:適度に運動をする

運動量血液の状態
適度な運動をする人サラサラ・川のような血流
運動不足の人ドロドロ・ゆっくり重たい血流

髪が健康的に成長するには、食事で得た栄養を髪まで運ぶ必要がありますね。

食事で得た栄養を髪に運ぶのは、血流です。

頭皮に流れる血液が栄養を運んでくれるので、血液の状態をサラサラにして血流を良くしておくことが大切ですよ。

折角、髪のために!と思って食べてる食事も、1番大事な髪まで運ぶことが出来なければ意味がないですからね。

とは言え、普段運動をしていない人が、急に運動を始めるのは難しいと思うので、エスカレーターやエレベーターを使っていたところを階段で登ってみることくらいから始めてみてはいかがでしょうか?

ジヒドロテストステロンを減らす方法③:睡眠の質を上げる

  • アルコール・カフェインを摂取しない
  • 就寝時は部屋の照明は暗くする
  • 寝る前に、スマホやタブレットなど光を直視しない

睡眠の質を上げることで、ホルモンバランスの乱れを整えてくれますよ。

睡眠の質を上げる方法は、上の表にまとめていますので当てはまることがあれば控えるようにしましょうね。

ホルモンバランスが乱れるとヘアサイクルも同様に乱れてしまいます。

ヘアサイクルは健康な髪が育つ周期のことです、太くて強い髪が生えるための土台のようなものですね。

睡眠の質と同様に、睡眠時間も7時間を確保するようにしましょう。

睡眠不足になると、脳のリフレッシュが出来ずストレスを溜めてしまい、頭皮環境にも悪影響になってしまします。

ジヒドロテストステロンを減らす方法④:育毛剤やスカルプ剤を使用する

ジヒドロテストステロンを減らすというより抑制・抑える方法になりますが、育毛剤やスカルプ剤(炭酸シャンプー)などが有効です。

食事のように内側からの作用ではなく、育毛剤で外側からもジヒドロテストステロンの抑制を図るのがベストですね。

スカルプ剤は、日々のシャンプーで落としきれなかった古い皮脂(過酸化皮質)を落として、頭皮環境を清潔に保つのにぴったりなんです。

ジヒドロテストステロンを減らしても、毛穴が皮脂で埋もれていたり、フケだらけでは髪は健康に育ちません。

ジヒドロテストステロンを減らすことと合わせて、こちらも同時進行で取り組んで対策しましょう!

あわせて読みたい
夏におすすめの頭皮すっきり炭酸シャンプー10選!ドラッグストアやマツキヨなど市販を徹底リサーチ! この記事では、夏におすすめの炭酸シャンプーを10選を紹介しています。 夏にぴったりのスースーした清涼感のある炭酸シャンプーをまとめました。 パチパチした発泡がク...

ジヒドロテストステロンが多い人の特徴と減らし方のまとめ

  • 生え際や頭頂部が薄くなり始めていたら、AGAを発症しているかも
  • ジヒドロテストステロンは減らすことも、抑えることも出来る
  • 食事で内側から、育毛剤で外側からケアするのが基本

ジヒドロテストステロンが多い人の特徴をまとめましたが、薄くなり始めていたらAGAの可能性があるんですね。

1日でも早く、自身の髪がAGAではないのか調べてみてください。

生活習慣を見直して、身体に良いこと・髪にも良いことを始めましょう!

\ とりあえず調べておく/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次