カツラを着ける前によくある質問を解決!トラブルシューティング対策!

Q&A

「地毛が薄くなってきた・・」

「そろそろ俺もカツラかな・・」

こんな不安を抱えてしまったら読んでください!

カツラは医療用〜既製品・パーティ用製品などを一括りに【 カツラ 】に属すとするなら、

  • 価格
  • 自然度
  • 耐久度

この辺はピンキリです。

あなたがカツラを必要と判断された事情や、日常毎時間使用するのか・スポット的に限られた時間のみ使用するのか。

これだけでも商品選定は変わってきます。

こんな悩みがある方はこの記事を読むと考えが整理され、疑問の解消に繋がりますよ。

カツラを着ける前によくある質問を並べてみた

カツラを初めて着ける、という前によく質問されることをまとめておきますね。

カツラをどうやって留めるの?

カツラの留め方は大きく2種類に分類されます。

  • 自分で着脱できる方法
  • 自分で着脱できない方法

色々とカツラの装着方法はありますが、この2種類に分かれ、どちらにもメリットとデメリットがあります。

自分で着脱ができると毎晩お風呂でシャンプーを全力で出来ます。

でも、毎朝自分で同じ位置にカツラを装着しなくてはいけません。

自分で着脱ができないと、これの逆となります。

シャンプーはカツラのお手入れルールでやる必要がありますが、朝は自分で取り付けるような手間はありません。

カツラのサイズは大きい方が安心?

カツラの適正サイズはあなたの薄毛が進行してしまっている範囲+カツラの寿命期間で進行する可能性のある範囲にしましょう。

大きく作りすぎてしまうことで、健康で元気な自毛も元気を失う可能性があります。

カツラを取り付けることによるリスクの中の一つが「衛生面」の問題。

不衛生になることで自毛は痩せていきます。

抜け毛にならなくても髪の密度が減り、薄くなったように見えやすくなります。

普通にシャンプーしていいの?

カツラを着けたらシャンプーは一手間かかります。

ワシャワシャと今まで通りシャンプーしてしまうと、1回のシャンプーでもカツラにはかなりのダメージとなります。

こちらを参考にしてください↓

これがカツラのお手入れの基本となります。

周りの人にバレたくないんだけど大丈夫?

カツラを使う上で、「周囲の人にバレないか」ということはどんな人でも気にします。

はっきり言って絶対にバレない方法はありません。

それでもカツラを使用するあなた自身が注意を常にし続けることでかなりそのバレるというリスクは軽減できます。

  1. 自毛とカツラの接合部は、いかにも乗ってる。とならないようにこまめにブラッシングしましょう。
  2. 自毛とカツラの髪色の差を無くす。あなたの地毛も「黒」に見えても様々な黒色が生えています。何色かブレンドすると自然に見えやすいです。
  3. 顔まわりの仕上げは鏡を見れば自分で確認できます。鏡に写る範囲内の完成形をよく見て1番いい時を写真を撮っておくと見返せるので良いです。

バレにくくするのは、あなたの努力とカツラのスペックにもよります。頑張りましょう!

カツラは何台買わなきゃいけないの?

カツラを着ける頭は1つです。

なので、1つでももちろん大丈夫です。

でもこんな人は複数台持っています。

  • 修理しながら長く使いたい人(修理している期間が手元にカツラがなくなる為)
  • 気分やシーンによってスタイルバリエーションとして違うヘアスタイルのカツラを持ってる
  • 臭いが気になるので毎日洗いたいけど、一晩では乾かしきれない人

カツラを複数台持つと、もし家で管理する場合なんかは置き場所の確保も必要ですね。

カツラ専門のアデランスやアートネイチャー、スヴェンソンでは使用していない予備のカツラは保管庫で預かってくれるので安心できる。

カツラ着けたら、ハゲが進行するって本当?

進行しやすい頭皮環境にはなるでしょう。

それは、やはり衛生面によるものが大きいです。

  • カツラを自然に使うにも、
  • カツラを装着するにも、

自毛を活用しながらカツラは使用することが多いので、カツラを使用しながらでも頭皮を清潔に保つことも大切にしてください。

出来ることなら、育毛剤は使用しましょう。

カツラ着けても育毛剤は使った方がいいの?

絶対に使った方がいいです。

カツラ着けてる間に頭が痒くなったらどうすればいい?

カツラを使用することで頭の痒みを訴える人は半分以上の割合でいます。

痒くなってしまっても、ガリガリ爪を立てて掻くことは絶対にしないでください。

頭皮に傷をつけてしまって、バイキンが入ることにより頭皮トラブルへ発展することもありますので、確実なのは皮膚科へ相談することが間違いありません。

それでも、病院へは行きたがらない人がほとんどです。

それであれば、カツラの上からトントン叩いて紛らわせるか、トニック系のシーブリーズのようなスースーする整髪料で刺激を与え紛らわせるかが1番良いでしょう。

カツラを着ける前によくある質問を解決!トラブルシューティング対策!

カツラは着ける前でも結構な心構え・勇気を必要とします。

そして、一度カツラを着けてからではやっぱりやめた!と気軽に外すこともまた難しいものです。

よく考えて、カツラを使用して色んなところへお出かけしたり、懐かしいあの人に会ったりすることをイメージしてから決断するようにしましょう。

実際に使ってみてからでないと、生まれてこない疑問もあるはずですので、ここのコメント欄で良ければ書いていただければ時間はかかるかもしれませんが回答しますのえお気軽にご質問ください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました