頭皮のリフトアップで薄毛予防しよう!最高に簡単なやり方はコレ!!

Q&A

人間の身体中の皮膚は1枚で繋がっています。

「そりゃそうだ。」と言う返事が帰ってきそうですね!

私たちが住む地球には重力が働いているので、全ての物質が地面の方向へ引っ張られるように力が加わっています。

これまた、「そりゃそうだ。」と言う返事が帰ってきそうです。

私たちの身体は重力に引っ張られ、重力に逆らう力を無くした時に、1番に地面に引っ張られるのは【 皮膚 】ですよね。

目の下や頬にたるみとして現れてきます。

そこで、「リフトアップしなきゃ!目の下!頬!を引き上げなきゃ!」と、取り組み始めても中々簡単ではありません。

改めて、皮膚は1枚で繋がっています。

目の下のたるみを改善しようとするだけでは重力を受け、下がってくる頭の皮膚・頭皮のたるみへは何も対処していないことになります。

なので、頭皮のリフトアップが全身の皮膚のリフトアップに直結するのです。

当たり前のことですが、考えてみて→ようやく意識することが出来ることでもあるのです。

頭皮のリフトアップをすることで薄毛の予防・改善にも繋がりますので、やり方を紹介致します。

頭皮のリフトアップすることのメリット

頭皮のリフトアップをすることで、様々なメリットが生まれます。

どういう効果に期待することが出来るのか見ていきましょう。

全身のリフトアップで若々しく!

頭皮のリフトアップをすることでイメージ的には、大きな巨人に頭頂部を指でつまみ上げられ全身の皮が上に引っ張られているような感じ。

つまり、全身のたるみを引き上げハリのある肌に見せやすくなります。

この事から、リフトアップはアンチエイジングにも直接的に効果があります。

特に顔のリフトアップには頭皮の皮膚を上へ上へ持ち上げる運動は抜群の効果を生み、さらには効果後の持続力も長持ちしやすいです。

(持続力には個人差があります。)

リフトアップすると代謝が良くなり、薄毛予防に最適ボディ!

リフトアップをする為に行うマッサージで血行が良くなることから始まり、代謝が上がる事から食べた物から得られる栄養が好循環にもなります。

食べた物の栄養を効率よく接種し、送るべき髪・肌・それぞれの臓器へ送れるようになることは大きなメリットとなります。

髪ツヤ・肌ツヤが良くなり、髪の毛が太くなり、立ち上がるようになりますのでご自身でも「おっ!」と思うはずです。

頭皮のリフトアップは気持ちいい♪

頭皮に対して正しいマッサージをすることを心がけていくだけなので、リフトアップのおまけとして「気持ちいい」が付いてきます!

手でやるマッサージ方法は難しいので機械を使うと手が疲れることなく、効能面でもハンドマッサージ以上の効果を期待できます。

アートネイチャー スカルプリフト

電気バリブラシ

頭皮のリフトアップの最高に簡単なやり方はコレ!

手でやる

手でマッサージをする場合は正しいシャンプーの仕方を真似ると良いでしょう。

指の腹で柔らかく、頭皮を血液が巡っているイメージを持ちながらマッサージしましょう。

ダイエットする時に良く聞く、マインドセットはこう言う場面でもとても大事。

マインドセットとは・・

これから行う行動に対して、心もその目指す目的(効果)に目線を合わせる。

行動と心を共感させることを言います。

家にあるブラシでやる

ブラシで行う時は髪の毛が長い方は絡みがないか確認し、絡んでいる場合はしっかり解いてからブラッシングしましょうね。

ブラシワークは一方通行で下から上に向けて地肌にブラシの先端が触れるようにしてゆっくり梳かしましょう。

髪の毛に不要なテンションがかからないようにだけ注意してくださいね。

頭皮のリフトアップで薄毛予防!最高に簡単なやり方のまとめ

頭皮のリフトアップに取り組むことはリフトアップ以外にも様々なメリットがありますが、デメリットと言われるものがありません。

それがまた嬉しい!

リフトアップすることで起きるいいこと

  • 全身アンチエイジング
  • リラクゼーション
  • 血流UPにより、薄毛対策
  • 代謝が上がり、引き締まる・痩せやすくなる

最高ですね♪

毎日やることは最初の1ヶ月は大変かもしれませんが日課に加わるまでやり続けましょう。

UFOキャッチャーのぬいぐるみのように頭の先端を吊り上げられてるようなイメージを持って、頭皮のリフトアップに取り組んでみてくださいね。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

コメント

  1. いい参考になりました!ありがとうございます。ヽ(*´∀`)ノ

    • 虎雄虎雄 より:

      ありがとうございます(◍˃ ᵕ ˂◍)
      これからもお役に立てるよう頑張ります!

タイトルとURLをコピーしました